• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-26~"Me & Bobby McGee"-Janis Joplin-1971



"Janis Joplin"は音楽史に深く刻まれた歌い手です。

映画”The Rose”1979年は彼女を描いた作品で是非見ていただきたいと願わずにはいられません。

音楽を表現する表現者の語られざる側面を知ることができます。

"Me & Bobby McGee"は"Felice and Boudleaux Bryant"夫婦の作曲です。

彼女に限らず表現者であるミュージシャン、画家などのアーティストも含めて、

”内面の孤独”という”真の理解者を渇望する欲求”がテーマになることがあります。

アーティストだけでなく市井の人々にもありうる問題なのですが、聴き手の心を揺さぶることができるだけの感性をもつということは一方で極めて危険な状態でもあるということなのだと考えます。

JanisだけではなくJohn Coltrane,Thelonious Monk,Sonny Rollins,Bud Powell......

Jazz界では多くの精神を病んだ表現者たちがいます。

"Janis Joplin"の歌にはそれをリアルに感じさせる”叫び”と”パワー”があります。

"The Everly Brothers"の存在感とは全く異質です。

どちらがいいとかではなく、音楽という文化の懐の深さを思わされます。

しばらくジャンルを問わず、

50sから60s,そして70s,と名曲の数々を追いかけていきましょう。


0回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com