2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com

ドラムの演奏にはスティックを使います。

ブラシやマレットなども使いますが、

最も使うのはスティックです。

 

スティックは手首と指を使って演奏します。

 

右手は”マッチドグリップ”で演奏しますが、

左手は”マッチドグリップ”と”トラディショナルグリップ”の

​2種類の握り方があります。

Stick Control

Matched Grip & Traditional Grip

初めてスティックを握るかたは

是非このVideoをご覧ください。

グリップについての考え方が

お分かりになれます。

Get A Grip

A key to success! 

"Matched~"か"Traditional~"どちらがいいの?

よく話題になりますが

答えは

「どちらが貴方の演奏表現に適しているのか」

ということです。

もし、貴方が”Heavy Metal"が大好きで、それしか演奏しないのであれば

​"Matched Grip"がいいでしょう。

しかし"Rolling Stones"や”Blind Faith”などの”Vintage Rock"も演奏したい

そう思うならば、”Traditional Grip"を取り入れてはどうでしょう。

”Bosanova","Samba"などのラテン系、そして

"Jazz"を演奏したいならば

両方使えるようになるのがベストです。

ビデオの中で語られている含蓄ある言葉は

 

ひとつのテクニックはすべての表現に足るものではない”

​これは"Drum Pedal Techniques"でも同じことが言えます。

スティックコントロールで大事なことは

「幅広いダイナミクスをコントロールすること」

左手に関して言えば、"Traditional Grip"の方がこの点において有利です。

"Matched Grip"が駄目なわけではありません。

ただ人間の骨格と姿勢に合理的で感情を直に

スティックに伝えるには

​左手については"Traditional Grip"が有利だと考えます。