• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-260~"What's Love Got to Do with It"-Tina Turner-1984



アルバム"Private Dancer"収録

Terry Britten – guitar

Nick Glennie-Smith – keyboards

Graham Jarvis – drums

Billy Livsey – keyboards

Simon Morton – percussion

Tessa Niles – background vocals

Terry Britten&Graham Lyle-composed

"Ike & Tina Turner"でデビューし成功を収めた"Tina Turner"でしたが、"Ike"の暴力がもとで1976年から離婚(法的成立は1978年)70s後半は作品を出しても上手くいかない状態が続きます。

そして1984年に"Private Dancer"をリリースし、この曲がBillboard1位,アルバムも2位と

"Ike & Tina Turner"時代を越えた大成功をおさめます。

Grammy賞では最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞の3部門を受賞。みごとなカムバックを果たします。


DVから再起した1984年の時点で彼女は45歳。70sから女優もはじめ、DVからの再起という多くの共感を集めたカムバックでした。

全世界でのアルバムとシングルの売り上げ枚数は、総計で2億枚を越え、チケットの入手はむつかしいビッグネームとなりました。

幼少期から家庭環境にも恵まれず、若くして結婚してDVで離婚。

地道なキャバレー周りをして再起、とそのストーリーが自伝となり映画化され、多くの人々に支持されています。


最新記事

すべて表示
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com