• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-250~"The Jam"-Graham Central Station-1975



アルバム"Ain't No 'Bout-A-Doubt It"

収録。

Larry Graham - Bass, Synthesizer, Drums, Organ, Clavinet, Timpani, Lead and Backing Vocals

Hershall "Happiness" Kennedy - Clavinet, Synthesizer, Trumpet, Vocals

Manuel "The Deacon" Kellough - Drums

David "Dynamite" Vega - Guitar, Vocals

Robert "Butch" Sam - Organ, Piano, Vocals

"Larry Graham"が"Sly & the Family Stone"を脱退した後1973年に結成したのが

"Graham Central Station"です。その結成のきっかけは、当時"Santana"のバンドでギターを弾いていた"Neal Schon"が新バンドを結成するため"Sly & the Family Stone"のリズムセクションの"Larry"と"Gregg Errico-drums"に声をかけたことからはじまります。

ところが"Neal Schon"がpop-rockの分野に移行し"Journey"を結成したため、リーダーが

"Larry"となり"Graham Central Station"が誕生したのです。"Neal Schon"がpop-rockに向かったということは、幅広い大衆性を望んだということであり、"Larry"は対して

"soul"と"gospel"を取り入れて多くのヒット曲を生んでいます。

"Larry Graham"はベースの弦をはじいたり、叩いたりしてパーカッシブなサウンドを出す、"slap bass"奏法を完成させたベーシストとして知られています。


1997年の演奏です。

もともとBassを弾きながら歌うこと自体が相当難しいことですが、ここまでパーカッシブに弾いても情感あるボーカルであることは驚きです。


5回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com