• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-211~"Mama Kin"-Aerosmith-1973



アルバム"Aerosmith-野獣生誕”収録

Steven Tyler-vocals

Joe Perry – guitar, backing vocals,

Brad Whitford – guitar

Tom Hamilton – bass guitar

Joey Kramer – drums

David Woodford – saxophone

米国を代表する"Aerosmith"のデビューアルバム"Aerosmith-野獣生誕”はプレスの評価は最悪まデビューアルバムでした。

しかしシングルカットした"Dream On"がチャート60位までになったのでとりあえず

次に繋がった、そんな状況でした。

しかし聴いてみると良曲が揃っているアルバムです。

この曲は"Steven Tyler"の作詞作曲です。自信作だったようで左腕に

"MA KIN"とタトゥーをいれていました。

Hard rockの曲はプロダクション~レコーディング、ジャケット、プロモーション~が

影響を与える度合いが大きいジャンルと言えます。その点ではジャケットは酷いし、

肝心のレコーディングの音質も軽く音像も小さく高校生バンドのようです。

プロデューサーはAdrian Barberで彼はドラマーでCream,The Allman Brothers Band,

The Rascalsなどを手掛けているのですが、プロデューサーとしては新人の域をでていない頃で、経験不足だったことがうかがえます。

また"Bruce Springsteen"の デビュー作"Greetings from Asbury Park, N.J”と発売が重なったのもプロモーション的には不運だったともいえるでしょう。

この曲はGuns N' Rosesがカバーしています。


Axl Rose - vocal

Slash - guitar

Duff McKagan - bass

Izzy Stradlin - guitar

Steven Adler - drums

1988年のライブです。私はGNRのドラマーは"Matt Sorum"が最高だと思うのですが、彼はこの映像のあと1990年から1997年までの間プレイしていました。

"Aerosmith"はこのあと毎年アルバムを発表して着実にスターダムに駆け上っていきます。名曲もたくさん生まれました。


0回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com