• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-200~"San Juan Sunset"-Lee Ritenour-1979



Lee Ritenour - guitar

Abraham Laboriel - bass

Alex Acuña -Drums

Don Grusin- Pf

Steve Forman - percusion

Ernie Watts - Flute

この頃の"Ritenour"はファンクに傾倒していたせいか、Nylon guitarの演奏もアタックが強い演奏になっています。それが彼なりのラテン音楽の制作の色にもなっています。


佳曲がそろっているアルバムです。

その中では"Rio Funk"が最も有名ですが、他の曲も素敵な世界観を表現しています。

この時期はヴォーカル入りのAOR系の作品にも力を入れていますが、ブラジル系の作品の方が音楽性がより感じられます。


1997 年米国 Santa Monicaでの

ライブ演奏です。


10回の閲覧0件のコメント