• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-172~"Superstition"-Stevie Wonder-1972



"Stevie Wonder"は25回Grammy賞

を受賞し、1億枚以上のアルバムを世界中で販売した記録をもつ、

20世紀に活躍した音楽界のLegendの一人です。

この曲はアルバム"Talking Book"に収録されていますが、本来はレコーディングに参加してくれた英国のギタリスト"Jeff Beck"にお礼として提供した曲でしたが、

彼のリリースの方が早く先にヒットしました。


"Beck Bogert & Appice"1973年の演奏です。

"Jeff Beck" – guitar , vocals

"Tim Bogert" – bass , vocals

"Carmine Appice" – drums ,vocals


"Tim Bogert"と"Carmine Appice"は"Vanilla Fudge"で

共に活動したいわば相棒。

アルバム1枚のみの活動でしたが歴史に残る名盤です。


"Stevie Wonder"は11歳で"Motown"と契約し、以来

"Motown"で活動を続けました。

彼の母は音楽家で、"Stevie"は幼いころから

教会で歌い、楽器を器用に操っていました。

"the Miracles"のメンバー"Ronnie White"が彼の曲を聴き、"Motown"に連れて行った、というのは良く知られている話です。

1963年にシングル曲"Fingertips"がBillboard Pop Singlesの1位になり、史上最年少の

No 1アーティストになりました。

しかしながら、本人らしく音楽を発信できるようになるまでは彼でも

時間がかかっているのです。

次回はそのブレイクになった曲を取り上げます。


0回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com