• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-113~"Antonio's Song"-Michael Franks-1977



アルバム "Sleeping Gypsy"に収録。

"Sleeping Gypsy"のレコーディングでブラジルを訪れた"Franks"は

ブラジル音楽の巨匠”Jobim"に初めて出会い、その出会いからこの曲が生まれました。


"Salena Jones"2000年の演奏です。

歌詞の翻訳が字幕で入ります。

奥の深い詩の内容に強い感銘を受けます。

邦楽器とのセッションはめずらしいですが、"Salena Jones"は大の日本好き。

それでこのような邦楽器とのステージになったのでしょう。

"Sleeping Gypsy"ではギターをFusion界のギターの草分け"Larry Carlton"が

担当しています。"Carlton"がプレイヤーとして共演したアーティストにも

名曲名作が多数あります。次はその中から聴いてみましょう。


6回の閲覧0件のコメント