• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-649~"I'm The Only One"-Melissa Etheridge-1993

最終更新: 21時間前


アルバム"YES I AM"収録

Melissa Etheridge - guitars

Waddy Wachtel - guitars

Pino Palladino - bass

Mauricio Fritz Lewak - Drums

Scott Thurston - Keyboards

Hugh Padgham - engineers, producer


composed by Melissa Etheridge  

"Melissa"のブレイクポイントになったアルバム"YES I AM"からの

彼女の代表曲です。


<I'm the Only One - Melissa Etheridge>


Please baby can't you see

My mind's a burnin' hell

I got razors a rippin' and tearin' and strippin'

My heart apart as well

Tonight you told me

That you ache for something new

And some other woman is lookin' like something

That might be good for you

ねぇ、わからないのかい

私の心は燃え盛る地獄のようだよ

私は剃刀で引き裂かれ、ちぎりとられてはぎとられ

おまけにこころはズタズタだよ

今夜あなたは言ったね

他の女性が自分にはいいんじゃないかと思うんだって


Go on and hold her till the screaming is gone

Go on believe her when she tells you

Nothing's wrong

But I'm the only one

Who'll walk across the fire for you

I'm the only one

Who'll drown in my desire for you

It's only fear that makes you run

The demons that you're hiding from

When all your promises are gone

I'm the only one

こころの叫びが消えるまで彼女を抱きしめればいいさ

彼女の大丈夫って言葉を信じればいい

でもね、火の中をも貴方の為に歩けるのは

この私だけさ

貴方に首ったけなのは

この私だけ

貴方を動かしているのは恐怖心だけ

恐怖心を避けてるの

貴方の望みが無くなっても

いるのはこの私だけ


Please baby can't you see

I'm trying to explain

I've been here before and I'm locking the door

And I'm not going back again

Her eyes and arms and skin won't make it go away

You'll wake up tomorrow and wrestle the sorrow

That holds you down today

ねぇ、わからないのかい

分かってよ

こんなことは前にもあったし、私はカギをかけようとしているの

そうなったらもう戻らないよ

この時期に"Melissa"は自らが同性愛者であることを公にしました。

女性に対しても、そして男性に対してであっても

熱い情念を畳みかける恋の歌です。

1994年"Wood stock"でのライブです。








ワイルドなボーカルです。少ししゃがれた声が"Smoky-voice"と呼ばれるシンガーですが、

次回はもう一人、この90年代に名曲を歌った女性ボーカリストに迫ります。

0回の閲覧0件のコメント