• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-267~"Li'l Jack Horny"-Extreme-1990



アルバム"Pornograffitti"収録

Gary Cherone - vocal

Nuno Bettencourt - Gitars

Pat Badger - bass

Paul Geary - drums, percussion

"Janet Jackson"の”Black cat"に参加した"Nuno Bettencourt"が1985年に結成した

"Extreme"は"Hard rock"でありながら16beat系のフレーズを多用するなどから

"funk metal"とよばれることもあります。

1980年代とそれ以前の音楽で起きた変化のひとつは、"Jam & Lewis"がおこなったように、デジタルリズムマシンやパーソナルコンピュータによるリズムパートの制作がまず挙げられます。シンセサイザーの分野でのシーケンサーの使用は70年代からありましたが、それはアナログ回路によるもので、音列のシーケンスにかぎられていました。

それが"パルス符号変調~PCM(pulse code modulation)の実用化によって実際の音を

"サンプリング-標本化"して使うことが可能になったのです。

さらにもうひとつ大きな変化としてエレキギター奏法の進歩発展があげられます。

速弾き、タッピング奏法、ピッキングハーモナイズなどですが、その多くがいわゆる"Heavy metal"と称される音楽ジャンルから出てきました。

それによって、ラインの作り方などがそれまでのBluesからの発展系でもなく、Jazz-rock~即興演奏~インプロビゼーション~でもなく、しっかりとつくりこまれた、

いわば~書き譜化した~作品がでてきました。クラシック音楽の弦楽曲のような構造です。

さらにはリズムをどんどん早くしていくことで"Thrash Metal"というジャンルが生まれたりと、この頃のHard rock系の音楽は面白い発展をしています。


これは"Nuno"本人ではありませんが、彼のファンがこの曲のギターパートを再現している映像です。

奏法がはっきりわかるのでご覧ください。

Heavy metalギターを弾くには手が大きくないと厳しそうです。


3回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com