• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-255~"Statesboro Blues"-The Allman Brothers Band-1971



アルバム"At Fillmore East"収録

Duane Allman – guitar, slide guitar

Gregg Allman – organ, piano, vocals

Dickey Betts – lead guitar

Berry Oakley – bass guitar

Jai Johanny Johanson – percussions,drums

Butch Trucks – drums

"Duane"と"Gregg"の"Allman"兄弟とフロリダ州を軸とした南部のミュージシャンと結成したバンドです。2枚アルバムを制作した後の3枚目をライブ盤"At Fillmore East"として発表。Billboard13位に達し、歴史に残る名盤として高く評価されています。

"Duane"は"Aretha Franklin","Eric Clapton"の"Derek and the Dominos"などでも演奏しセッションマンとしても活躍していましたが、"At Fillmore East"のリリースの7ヶ月後に交通事故で他界してしまいました。

バンドはその後"Dickey Betts"を軸に活動を続けます。


この曲は"Blind Willie McTell"のかいた曲です。

"Blind Willie McTell"の演奏です。1928年にシングルで発表されました。

"Bob Dylan","Taj Mahal"など彼に

敬意を表するアーティストは多くいます。


"Southern Rock"は"country rock"よりも"blues"に傾倒しインスト曲も多く演奏を聴かせる度合が大きくなります。

それがやがてboogieも取り入れてサウンドは"Hard" な方向へ向かうバンドが多くなっていきました。


7回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com