• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-231~"Bohemian Rhapsody"-Queen-1975



アルバム"A Night At The Opera"

収録

Freddie Mercury – vocals , piano

Brian May – guitars,vocals

Roger Taylor – drums,vocals

John Deacon – bass guitar

音楽史上に残る名盤"A Night At The Opera"のクライマックスと言える曲です。


全12曲のうち、

"Freddie"~5,"May"~4,"Taylor"~1,"Deacon"~1,そして

"英国国家~編曲May"となっています。

"Bohemian Rhapsody"は6分の長さがラジオでかけられないと思われていましたが、メンバーの強い意志でそのままリリースされるや、英国、カナダ等各国で1位、米国でも9位の結果となりました。

2002年にはギネスブックによる”英国史上最高のシングル曲”で1位に選ばれています。

歌詞の意図するところは"Freddie"にしかわからないと"Brian May"が語っていますが、

冒頭の

Is this the real life? Is this just fantasy? Caught in a landslide No escape from reality Open your eyes Look up to the skies and see I'm just a poor boy, I need no sympathy Because I'm easy come, easy go A little high, little low Anyway the wind blows, doesn't really matter to me, to me

は自分の存在を確認した決意後の"Freddie"の現在を語り、続く

Mama, just killed a man Put a gun against his head Pulled my trigger, now he's dead Mama, life had just begun But now I've gone and thrown it all away Mama, ooh Didn't mean to make you cry If I'm not back again this time tomorrow Carry on, carry on, as if nothing really matters

は社会的に生まれ落ちた自分の社会的概念を捨て去り

自分の本来もつ資質で立ち上がって生きていくとした"Freddie"の宣言のように読み取れます。

大事な心の友である女性がありながら、バイセクシャルである自分を受け入れ生きていく

社会的常識ではなく自分の存在に忠実に生きることにした"Freddie"の意志を表している。

映画を観てそう思ったのです。


お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com