• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-149~"Wooden Ships"-Jefferson Airplane-1969



Marty Balin - Lead Vocals

Grace Slick - Vocals

Jorma Kaukonen - Lead Guitar Paul Kantner - Rhythm Guitar, Vocals

Jack Casady - Bass Guitar Spencer Dryden - Drums

with Jerry Garcia - Guitar

サンフランシスコ出身の"Jefferson Airplane"1969年発表の5作目"Volunteers"収録。

1954年から米国がベトナム戦争に介入をはじめ、1961年ケネディー大統領が派兵増強を決め、1965年には18万人以上のアメリカ人が1968年時点では54万人がベトナムで戦いました。1967年から強くなった反戦行動と重なるようにこの曲は発表されています。

歌詞は、米国兵士か従軍記者がベトナム兵に語り掛ける状況を想定して

書かれています。

『笑顔で微笑みかけてくれないかな、

そうすれば、この世界のどこでもおこるのと同じ様に

僕らは理解しあえる

君のみなりをみれば、君が僕らとは違う世界からきたことは

僕にはわかる。

一つ教えて欲しいんだ。

この戦争で誰が勝ったんだろう

苺を僕にもらえないだろうか

そうさ、僕はこの6~7週の間それを食べてきて

具合が悪くなったことは一度もないし

おそらく僕らを共に生かしてくれるものなんだよね。

木造船が川面に浮かんでる。ゆったりとゆったりと浮かんでる。

それと同じように僕らも話せないかな

すべての人が死ぬ時と同じように苦痛の叫びをあげて

死んでいく君を見ることで

僕らは恐怖に打ちひしがれる

僕らはいくよ。君たちに僕らは必要ない。

妹の手をとって、ここから離れ、遠くに逃げてくれ

笑いあえるところに逃げてくれ。』

"David Crosby", "Paul Kantner", "Stephen Stills",の共作です。

発表当時は物議を醸し出しました。


David Crosby–co–lead vocals, rhythm guitar

Stephen Stills–co–lead vocals, guitar, bass, keyboards,

Graham Nash–harmony vocals

Dallas Taylor–drums

こちらは"Crosby, Stills & Nash"のヴァージョンです。

こちらの歌詞は原子力兵器をテーマにしています。どちらも強力な反戦歌です。


お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com