• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-122~"Black Water"-The Doobie Brothers-1974



1974年のアルバム

"What Were Once Vices Are Now Habits"収録。

"Patrick Simmons"作曲

アメリカントラッド風のこのような曲も"The Doobie Brothers"の魅力です。


こちらは1979年のライブです。

Patrick Simmons – guitars, vocals

Jeff "Skunk" Baxter – guitars,

Tiran Porter – bass guitar,

Michael McDonald – keyboards,

Keith Knudsen – drums,

”Simmons”はアルバム”The Captain and Me”の録音をしていたある日、スタジオでこの印象的なギターリフを思いついて弾いていたら、プロデューサーの"Ted Templeman"に『それ気に入ったよ!曲にしなよ。』と言われて完成させたと語っています。

その後この曲が"The Doobie Brothers"初めてのBillboard 1位をとることになりました。

"Ted Templeman"はミュージシャンからプロデューサーになり"The Doobie Brothers"の作品の多くを手がけました。他にもアメリカンロックの名盤の数々を制作している

名プロデューサーです。

次は彼のプロデュース作品から"Van Morrison"の曲にスポットをあてます。


0回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com