• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-67~"respect"-Aretha Franklin-1967



"Aretha Franklin"は"Soul Music"の代名詞とも称される歌手の筆頭にたつ大御所です。

この曲は全米1位を初めて獲得した曲ですが、作曲者は"Otis Redding"

同じく"Soul Music"を代表する大御所です。


"Otis Redding"のライブ版です。

1962年にデビュー。James Brownとならんで"Soul Music"を代表する男性歌手です。

長く生きれば"James"のように、名作をたくさん残したでしょうが

1967年に飛行機事故でなくなってしまいました。

"Aretha Franklin"は『The Queen Of Soul』と称され、よくアーティストの評価で話題になる『ローリング・ストーン誌』の『ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー』で1位の座に就いているのは彼女です。

父は牧師、母はゴスペル歌手で幼いころから教会で歌い1961年にポップス歌手としてデビューします。


今でこそ『God-Mother』という雰囲気ですが当時は愛らしく

ポップス歌手としていけるとおもわれたのでしょう。

しかし1966年にレコード会社を代わったのを機会に

ゴスペル・ソウルを前面にだしてきます。

グラミー賞受賞回数20回という大記録をもっています。

名曲の数々を彼女が歌うとゴスペルになり、人々のこころを打ちます。

次回はそのひとつをご紹介。


0回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com