• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-22~"Confirmation"-Charlie Parker-1946



"Charlie Parker"1946年作曲の

”Confirmation”

この曲は”Bird changes”と呼ばれる和声の動きが特徴とされます。

"Be Bop"と呼ばれるJazzの形態はアドリブの可能性を広げるという目的があります。

Jazzがインプロビゼーション-即興性をもった音楽であることは、その起源の

Dixieland Jazzからありましたし、即興性こそがJazzの軸のひとつです。

"Jazz orchestra"の場合は書き譜による和声のアンサンブル、その美しさが主題となりがちです。部分的にソロパートとしてアドリブはあります。

Dixieland Jazzの場合は和声アンサンブルを即興性でつくります。同じような編成でも

違いがあります。

ただ即興性といってもメロディーにつけられた和声の進行はあるわけで、

その和声に規制されるので、同じ曲を何度もやっていると、自然に各パートのフレーズはほぼ決まってくるでしょう。

その可能性を広げるのには、背後で鳴っているハーモニーの在り方を工夫する必要がありました。そのひとつの例が”Bird changes”です。


Miles Davisの"Confirmation"

1952年の演奏です。

Miles Davisはまだ世に出る前の18歳の時に偶然Charlie Parkerと演奏を一緒にしています。

その後1944年ジュリアード音楽院に入学しすぐCharlie Parkerの元を訪ね同居。

ほぼ押しかけ女房のようだったみたいですが、その縁がMilesにとってこの世界にはいる入口であったのは確かです。”Charlie Parker”のバンドに加わって

演奏活動を始めますが、独立するまで時間はかかりませんでした。

”Miles Davis Quintet”を率いて活動を始めます。


0回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com