名曲千夜一夜物語-705~"Love and Pain"-Sarah Jane Morris-2003


アルバム"Love and Pain"収録

Sarah-Jane Morris - Vocal

Calum MacColl, Martyn Barker - programmed and all instruments

John Michael Brown - words


written by Sarah Jane Morris


"Sarah Jane Morris"は"Acid Jazz"のアーティストと分類されることがありますが、

本来は"R&B-Soul"の楽曲を書き、歌うというのが彼女への正しい理解だと思います。

彼女の"Acid Jazz"的なアルバムの最高作は

この"Love and Pain"です。

音作りは"Calum Mac Coll"と"Martyn Barker"という

両者共にマルチプレイヤーでプロデューサー、

音楽制作においては技術的にも楽理的にも強力な布陣です。

"Calum"は"Red Grape Records"レーベルの創設者で

"Martyn”はドラマーとして多くのアーティストのステージを

サポートしています。

ただ、このようなコンピューターによるリズムつくりや編集による製作は

メロディーとハーモニーの美しさが引っ込んでしまうようにも感じられてしまいます。

もう1曲紹介しましょう。

”Innocence”

アルバム"Love and Pain"収録

Sarah-Jane Morris - Vocal

Calum MacColl, Martyn Barker - programmed and all instruments



written by Sarah Jane Morris

これも"Acid Jazz"系としてきれいにまとめられています。

Sarah Jane Morrisは2009年から

サウンドを電子的制作からアコースティックにかえていきます。

そうすることで彼女の曲はハーモニー的美しさが加わり、

さらなる魅力を増加させていきます。

閲覧数:0回0件のコメント