top of page

名曲千夜一夜物語-698~"Silence"-Charlie Haden-1976

更新日:2022年7月18日


アルバム"The Impulse Story"収録

1976年

Keith Jarrett - piano

Charlie Haden - bass

Dewey Redman - Sax


written by Charlie Haden


"Charlie Haden"の初期を代表する楽曲であり、何度も録音されている名曲です。

大きなドラマもなく、単調な曲だと思われる方もいるかもしれません。

しかし50年代に始まる"Bop Jazz"からのジャズ史の変遷において

"音楽とは何か~ミュージシャンはどう音楽に取り組んでいたのか"を考えるのに、

その探求の扉を開くきっかけになる曲です。

アルバム"Silence"収録

1987年

Charlie Haden - Bass

Chet Baker - Trumpet

Enrico Pieranunzi - Piano

Billy Higgins - Drums



ここでシンプルなサウンドの上で"Chet Baker"が奏でる旋律は

彼の"つぶやき"を聴かされているような、そんな感覚を覚えます。いえ、

"Chet"だけではなくピアノの"Enrico"もベースの"Charlie"にも同じ息遣いを感じます。

そしてこれらはすべて"即興"で奏でられているのです。

書き譜ではありません。

アルバム"The Ballad of the Fallen"収録

1983年

Charlie Haden - bass

Carla Bley - piano, glockenspiel, arrangements

Don Cherry - pocket trumpet

Sharon Freeman - french horn

Mick Goodrick - guitar

Michael Mantler - trumpet

Jim Pepper - tenor, soprano saxophones, flute

Dewey Redman - tenor saxophone

Steve Slagle - alto, soprano saxophones, clarinet, flute

Gary Valente - trombone


"Charlie Haden"は1957年からプロのジャズマンとして活動を始めてから

2014年に76歳で他界するまでの大変長いキャリアの中で、