名曲千夜一夜物語-690~"The Heart Of Saturday Night"-Tom Waits-1974


アルバム"The Heart of Saturday Night"

収録

Tom Waits – vocals, piano, guitar

Jim Hughart – double bass

Pete Christlieb – tenor saxophone

Tom Scott - clarinet

Jim Gordon – drums

Bob Alcivar – arranger

Bones Howe – producer, engineer

"The Heart of Saturday Night"は"Tom"の2枚目の作品です。


<(Looking For) The Heart Of Saturday Night - Tom Waits>


Well, you gassed her up, behind the wheel

With your arm around your sweet one in your Oldsmobile

Barrelin' down the boulevard

You're lookin' for the heart of Saturday night

 カワイコちゃんをちょいと口説いて

 いかした車の中でその娘の肩に腕をまわす

 そんな事を想いながら車を飛ばす

 土曜の夜の相手を求めて


And you got paid on Friday, your pockets are jinglin'

Then you see the lights and you get all tinglin'

Cause you're cruisin' with a 6

You're lookin' for the heart of Saturday night

 金曜には給料が入り、ポケットがチャラチャラと音を立てる

 街の灯を思い浮かべるだけで、胸が疼いてきちまうのさ

 だから愛車でクルージングして 今夜こそ

 土曜の夜の恋の相手を見つけるんだ


Then you comb your hair, you shave your face

Tryin' to wipe out every trace

Of all the other days in the week

You know that this'll be the Saturday you're reachin' your peak

 髪にクシを当てヒゲをすっかりきれいにし

 平日の間についた汚れや埃をひとつ残らず拭い去るのさ

 今夜は 今まで味わったことないほどイカシた夜にしてみせるさ


Stoppin' on the red, you're goin' on the green

Cause tonight'll be like nothin' you've ever seen

And you're barrelin' down the boulevard

You're lookin' for the heart of Saturday night

 赤信号で止まって 青に変わると動き出す

 今夜こそ 生まれてはじめての素晴らしい気分を昧わうのさ

 ブルバードを飛ばしていく

 土曜の夜の相手を求めて


Tell me, is it the crack of the poolballs, neon buzzin'

Telephone's ringin', it's your second cousin

Is it the barmaid that's smilin' from the corner of her eye

Magic of the melancholy tear in your eye

Makes it kind of quiver down in the core

Cause you're dreamin' of them Saturdays that came before

And now you're stumblin'

You're stumblin' onto the heart of Saturday night

 教えてくれ、あれはビリヤードの玉がはじける音なのか

 それともネオンがバチバチいってるのか?

 電話が鳴っている 二番目の従兄からだ

 バーの女店員が眼の端でチョッピリ笑いかけている

 オレの眼に光る憂鬱そうな涙のせいか

 オレは休の芯に震えを感じる

 楽しかったあの頃の土曜の夜を夢見ている

 だけど 今じゃ 相も変わらず

 土曜の夜の恋人を探し続けているオレさ


Well, you gassed her up, behind the wheel

With your arm around your sweet one in your Oldsmobile

Barrelin' down the boulevard

You're lookin' for the heart of Saturday night

 カワイコちゃんをちょいと口説いて

 自慢の車の中でその娘の肩に腕をまわす

 そんな事を想いながら車を飛ばす

 土曜の夜の相手を求めて

 

1975年のライブ演奏です。








この曲は米国の文学における近代に起こった潮流"Beat Generation"を代表する作家

"Jack Kerouac"に捧げられています。


資本主義経済の上で、英国、仏国、オランダなどのヨーロッパの移民によって築かれた

"Unitad States of America"の文化は

人間のあらゆる欲求であり欲望であり、享楽を満足させる自由を求める

"人々の日常"の積み重ねによって築かれてきたように思います。


"Beat Generation"はまさに米国らしい、そのような米国文化が形になっていく始まり

に位置していた動きだったように思います。


"Tom Waits"はまさにそのような時代を生き、音楽と詩で

人々の姿を表現してきたアーティストです。

このアルバムは小説のように

統一された世界観があり、

どの曲も素晴らしく、

全体がひとつのアートになっています。








”Holly Cole”は1983年から活動している

カナダのジャズシンガーです。

"The Heart Of Saturday Night"を

1995年のアルバム"Temptation"で

"Tom Waits"の世界観を壊さず

受け継いで表現しています。



というのもこのアルバム"Temptation"は全曲が"Tom Waits"の楽曲であり、

”Holly Cole”の解釈で非常に素晴らしいアルバム作品となっています。

もう1曲紹介します。

閲覧数:0回0件のコメント