top of page

名曲千夜一夜物語-689~"Tom Traubert's Blues"-Tom Waits-1976


アルバム"Small Change"収録

Tom Waits - vocals, piano

Jim Hughart – bass


Bones Howe – producer, engineer, mixing




<Violin>Harry Bluestone, Israel Baker, Nathan Kaproff, Nathan Ross, George Kast, Murray Adler, Marvin Limonick, Alfred Lustgarten, Sheldon Sanov.

<Viola>Sam Boghossian, David Schwartz, Allan Harshman.

<Cello>Kathleen Lustgarten, Ray Kelley, Jesse Ehrlich.


"Tom Waits"がデビューした時のレコード会社は"Asylum Records"といい、

ここで"Tom"は73s~80sの間に7枚のアルバムを制作していますが、

どれもが名盤名曲揃いで彼の"origin"といってよいでしょう。

最初の3枚は粗削りの感じはありますが、4枚目のこのアルバム"Small Change"で

彼のスタイルが明確にカタチになった感覚があります。


因みに"Asylum Records"の創設者は

後に"Geffen Records"を立ち上げた"David Geffen"と

多くのレジェンドアーティストの制作を支えた名マネージャとして知られる

"Elliot Roberts"であり、彼に支えられたアーティストには

"Neil Young", "Joni Mitchell", "Crosby, Stills and Nash"

が含まれるのです。


1977年ドイツでのライブ演奏です。

Tom Waits – vocals, piano

Jim Hughart – bass






<Tom Traubert's Blues - Tom Waits>


Wasted and wounded,

it ain't what the moon did,

I've got what I paid for now

See you tomorrow,