名曲千夜一夜物語-688~"Ruby's Arms"-Tom Waits-1980


アルバム"AHeartattack And Vine”収録

Tom Waits - Vocals, Piano

Roland Bautista - 12st Guitar

Greg Cohen - Bass

Jerry Yester - Orchestra arrangement, Conductor



おそらくは、この世で発表された”別れの歌”として傑作のひとつであろうと思います。


<Ruby's arms - Tom Waites>


I will leave behind all of my clothes,

I wore when I was with you.

All I needs are my railroad boots,

and my leather jacket.

俺の服は全部置いていく

お前といた時のものさ

今俺に必要なのはブーツ

それに革のジャケットがあればそれでいい


As I say goodbye to Ruby's arms...

Although my heart is breaking,

I will steal away out through your blinds

for soon you will be waking.

俺はつらいけれども

ルビーの腕に別れを告げる

ブラインドごしにこっそり出ていくさ

お前の目を覚まさないように


Morning light has washed your face

and everything is turning blue now.

I hold on to your pillow case.

There's nothing that I can do now.

朝の光がお前の顔にあたり

すべてがブルーになっていく

枕カバーを抱きしめても

俺にはどうすることもできない


As I say goodbye to Ruby's arms,

you'll find another soldier.

And I swear to God by Christmas time,

there'll be someone else to hold you.

ルビーの腕に別れを告げる

また別の男が見つかるさ

クリスマスまでにはきっと

お前を抱いてくれる奴が現れる


The only thing I'm taking is

the scarf off of your clothesline.

I'll hurry past your chest of drawers

and your broken wind chimes.

これだけはもらっていくよ。

物干しに吊るしてあったスカーフ…

タンスの前をさっと通り過ぎる

窓にかけてある壊れたチャイムの前を


As I say goodbye, I say goodbye,

say goodbye to Ruby's arms.

別れを告げる 本当にさよなら

ルビーの腕にさよなら


I steel away down the darkened hall

and out into the morning.

The hobos in the freight yards

have kept their fires burning.

暗い広間へ降りていき

朝日の中へ飛び出していく

貨物置場の日雇い達が

焚火をしている


Said, "Jesus Christ, this god damn rain."

Will someone put me on a train?

I'll never kiss your lips again

or break your heart.

このいまいましい雨よ、

誰か俺を列車に押し込んでくれるだろうか

お前の唇にもうキスをすることはないんだ

お前の心を傷つけることも


As I say goodbye, I say goodbye,

say goodbye to Ruby's arms.

当時の"Tom Waits"の映像です。

とても感受性が豊かで繊細でありつつ

機知にも富んだ人物でした。


映画監督"Francis Ford Coppola"と親しく、

俳優として映画に出演することもあり、また

その映画音楽を担当するなど、

シンガーソングライターにとどまらない

幅広い活動をしていました。


次回からは彼の世界を覗いていきます。

閲覧数:0回0件のコメント