• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-651~"Love Has No Pride"-Bonnie Raitt-1972

最終更新: 20時間前


アルバム"Give It Up"収録

"Bonnie Raitt" - vocal, guitar, piano

"Freebo" - bass




written by Eric Kaz, Libby Titus


"Bonnie"の2枚目のアルバム"Give It Up"の最後を飾る曲で、

ベース以外の楽器を"Bonnie"が担当しています。

作曲者の一人"Eric Kaz"は主にポップス系の楽曲を書き多くのアーティストに提供してきた

”シンガーソングライター"で自分の作品では大きなセールスはとれなかったのですが、

"AOR"の分野での彼の作品には光るものがあります。

"Libby Titus"は"Bonnie"と同じように女性シンガーです。


このアルバム"Give It Up"で"Bonnie"は3曲書いていますが

そちらは基本、ブルース曲です。

"The 25th Anniversary Rock And Roll Hall Of Fame Concert"における

"Crosby, Stills & Nash"との

ステージです。





この曲もアメリカンミュージックの歴史の中で多くの人に歌われている名曲です。

レジェンド同士のステージですが、ハーモニーの美しさはさすがです。

0回の閲覧0件のコメント