• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-652~"Give It Up or Let Me Go"-Bonnie Raitt-1972

最終更新: 1日前


アルバム"Give It Up"収録

Bonnie Raitt – vocals, steel guitar

Jack Viertel – steel guitar

Lou Terriciano – acoustic piano

Dave Holland – acoustic bass

Chris Parker – drums

Peter Ecklund – cornet

Amos Garrett – trombone, Freebo – tuba

written by Bonnie Raitt

"Bonnie"のスライドギターが聴ける彼女の手による曲です。

前のバラッドの2曲とはまた違う、まさにカントリーキッシュなブルージーで

ゴキゲンな曲です。

1977年のライブ映像です。


ベースの"Freebo"がチューバを演奏しているのが見られる貴重な映像です。





楽器を演奏しバンドで演奏して楽しんだことがあるかたには特に

"Bonnie"が自分らしく自由に楽しんでいる様子が伝わると思います。


次回は"Bonnie"の名曲" I Can't Make You Love Me "~650夜で

ピアノを担当している、セッションミュージシャンとしてもこの時代には欠かせない

"Bruce Hornsby"の作品に迫ります。

0回の閲覧0件のコメント