• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-633~"Rush hour"-Dominic Miller-1995


アルバム"First Touch"収録

Dominic Miller - guitar, keyboards

Barry Kinder - Percussions



written by Dominic Miller




"Dominic Miller"はアイルランド系の母と米国生まれの父の子として、

アルゼンチンで生まれました。

10歳の時米国に移り、その後両親の仕事の関係で英国と米国を行き来する生活を

送りました。

ロンドンの音楽アカデミーで学び、米国の"Berklee College of Music"でも短期間学んだり

ブラジル系ギタリストに教えを乞うなど精力的にギターに取り組みました。


1980年代にはいってからレコーディングでギタリストとして働くようになり、

1991年からは"Sting"の作品に登場します。


バンドリーダーとして

"Dominic Miller band"としての活動も

しています。

これは2012年の演奏です。





彼のオリジンの一部が南米にあるからかもしれませんが、

このような打楽器主体のリズム隊は彼の好むところのようです。

ナイロン弦ギターの使用が目立ちますが、エレキギターも演奏します。

この曲は他のジャズフュージョン計のギタリストの曲のように

早いパッセージが使われていますが、それに終始せず、

メロディアスな構成が含まれているのが"Dominic"らしさを感じさせます。

1回の閲覧0件のコメント