• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-630~"All This Time"-Sting-1991


アルバム"The Soul Cages"収録

Sting – vocals, bass, synthesizer

Dominic Miller – guitars,

Kenny Kirkland – keyboards

Branford Marsalis – saxophone

Paola Paparelle – oboe

Manu Katché – drums

composed by Sting


"Sting"の音楽には欠かせない存在となっているドラマー"Manu Katché"が参加した

明るくカリプソっぽい曲調の曲です。

アルバム"The Soul Cages"は"Sting"が実父の死を受けて感じた様々なことを

表現した作品です。

この曲も曲調は明るいですが、

父が亡くなった夜の出来事から思った彼の想いが表されています。


<All this Time -Sting>


I looked out across the river today

Saw a city in the fog and an old church town where the seagulls play

Saw the sad shire horses walking home in the sodium light

Two priests on the ferry

October geese on a cold winter's night

川向こうを眺めてみた

霧に煙る町、カモメが舞っている古い教会の塔

街灯に照らされとぼとぼ歩く農耕馬

渡し船には二人の牧師

そして十月のガチョウが見えた寒い冬の夜


All this time the river flowed

Endlessly to the sea

ずっと川は流れていた

止めどなく海へと


Two priests came 'round our house tonight

One young, one old, to offer prayers for the dying to serve the final rite

One to learn, one to teach which way the cold wind blows

And fussing and flapping in priestly black like a murder of crows

若い牧師と年老いた牧師が二人、今晩来たんだ。

死に行く者に祈りを捧げるためにね。

寒風がどちらから吹いてくるのかを一人が教え、もう一人が学ぶ

カラスの群れの様に司祭の黒装束がばたばたはためいてる


All this time the river flowed

Endlessly to the sea

If I had my way

I'd take a boat from the river

And I'd bury the old man

I'd bury him at sea

ずっとその川は流れていた

止めどなく海へと

もし自分なりにやれるなら

川から舟に乗り込み

この年老いた男を海に葬ってやりたい


2001年ワールドトレードセンターに旅客機が激突した『9.11』の日。

"Sting"はイタリアで公演がありました。

悲報を受けて考え抜いた"Sting"は

ライブを行うことにしました。

その時にも"All This Time"を

演奏しています。


1回の閲覧0件のコメント