• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-626~"Crazy Girl"-Krzysztof Komeda-1961


アルバム"Crazy Girl"収録

Krzysztof Komeda - Piano

Roman Dyląg - Bass

Leszek Dudziak - Drums


Bernt Rosengren - Tenor Sax


composed by Krzysztof Komeda


"Krzysztof Komeda~(本名Trzcinski)"は1931年生まれで1950年代から活動し

37歳で亡くなった早逝の作曲家・ピアニストです。

幼くしてピアノに目覚め8歳で音楽院に籍を置くほどでしたが、

第二次大戦で音楽を楽しめるような状況ではありませんでした。

高校を卒業後医学アカデミーの分野に進学し、1956年25歳で医者になっています。


しかし学生時代もその後も、演奏活動は続けていました。

ポーランドは1945~1989年の期間、ソ連の衛星国の意味合いを持つ社会主義体制でした。

ジャズを演奏するクラブなどは厳しい目にさらされており、医師の"Trzcinski"は

演奏家としては"Komeda"を名乗っていたのです。


ポーランドのジャズマン

"Michał Urbaniak"のグループによる

1971年のライブ演奏です。






"Komeda"は1956年から自分のグループをもち、ポーランド国内を主に

演奏活動を始めましたが、60年代にはいり映画音楽の作曲家としての活動もはじめ、

それにより欧州での認知も上がり演奏活動も国際化していきます。

0回の閲覧0件のコメント