• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-609~"Undiscovered Colors"-The Flashbulb-2010


アルバム"Arboreal"収録

Benn Jordan - Producer, DAW,

guitar, piano, synthsizer

Katinka Kleijn - Cello

Paul Mertens - Flute

Deaunn Davis - Horn

Anna Velzo - Oboe

Dominic Johnson - Viola

Chihsuan Yang, Chuck Bontrager - Violin

"The Flashbulb"は米国籍の"Benn Jordan"の個人プロジェクトです。

DAWを使いこなし、ギター、ピアノ、民族打楽器などを使って

"electronica", "ambient", "Post Rock", よりの作品を制作するアーティストです。


2010年、のライブです。








"Benn"は"The Flashbulb"の他にもいくつものアーティスト名をもって活動しています。

その活動はメジャーに頼らず、自分でレーベルを持ち、ネットの機能を充分に活かして

販路を創り上げています。

ギターを独学で学び、その奏法は独自のアプローチが見られます。

それはギター以外の楽器でも同じで、とても自立的な姿勢は活動の幅の広さに

繋がっています。


自身のレコード・レーベル、"Alphabasic Records"を設立してそれ以前の作品の著作権も

自己の管理に置いています。

その一方で自分の作品を自分で海賊版サイトにアップして

ファイルの共有を積極的におこない、"donation"の形態でリスナーが自発的に

対価を提供する方法をとっています。

"amazon"や"i-Tunes"のやり方は結局コンテンツ配信会社に権利を集中して

"amazon"や"i-Tunes"に稼がせるための道具に音楽家がなっている、という考え方です。


21世紀のミュージシャンの在り方をリードしているアーティストの一人です。

0回の閲覧0件のコメント
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com