• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-590~"Call Me"-Sadao Watanabe-2005

最終更新: 2月22日


アルバム"Sadao & Charlie Again"収録

Sadao Watanabe - A.Sax,

Charlie Mariano - A.Sax,

Bob Degen Piano,

Dieter Ilg - Bass,

Bill Elgart drums




"Charlie Mariano"は"Berklee College of Music"の同窓生ということと

"渡邊貞夫"氏がプロとして最初に参加したのが"穐吉敏子"氏のクインテットであり

"Charlie Mariano"氏は"穐吉敏子"氏の夫だったということもあり、

"渡邊貞夫"氏と長い友好を保った人物です。


Sadao Watanabe - Flute,

Akira Onozuka - Piano,

Jun Kajiwara - Guitar

Koichi Osamu - Bass,

Tommy Cambel - drums,

Steve Thornton - Percussion

2010年の演奏です。


とても美しいメロディーです。

日本語にも英語にもなる、そういうタイム感が感じられる演奏です。


上の演奏とこの演奏のピアノソロを比較してみてください。

こちらは日本人の"小野塚晃"氏が演奏されていますが、

アドリブを弾く場合演者は声に出さずにも歌っているので、

その演奏には母語の言語的ニュアンスが現れます。

意識して聴くとこちらが日本語的であることがおわかりになると

思います。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com