• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-571~" Farmeris Trust"-Pat Metheny Group-1983


アルバム"Travels"収録

Pat Metheny – guitars,guitar synthesizer

Lyle Mays – Keyboards,Synclavier

Steve Rodby – bass, bass synthesizer

Danny Gottlieb – drums

Nana Vasconcelos – percussion, voice, berimbau

composed by Pat Metheny


いわゆる”Jazz fusion"を広げた音楽家として大きな足跡を残しているアーティストの一人が

"Pat Metheny"です。実は前述の"Branford,Wynton Marsalis"兄弟よりも8歳ほど年上です。

彼はvibe奏者"Gary Burton"に認められ、18歳で"Berklee College of Music"の講師になったのは有名な話ですが、ギターを弾き始めたのが13歳で4~5年の独学でそこに至っています。

勿論、演奏は上手いのですが、

それ以上に作曲家としてとても優れた資質があり、

素晴らしい曲を何曲も送り出しています。

また楽器への探求心も旺盛で

オーディオワークステーション"Synclavier"を

率先して制作に取り入れ、

ギターシンセサイザーの音源として使用しました。

このアルバムでも聴かれる、

一種バイオリンのような音は"Synclavier"です。



Pat Metheny – guitars

Jim Hall– guitars







こちらは大御所ジャズギタリスト"Jim Hall"との共演です。

シンプルな中にこの曲の抒情性がより強く感じられます。

0回の閲覧0件のコメント