• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-565~"Black"-Pearl Jam-1991


アルバム"Ten"収録

Eddie Vedder – vocals,

Stone Gossard – guitar,

Jeff Ament – bass

Mike McCready – lead guitar

Dave Krusen – drums, timpani


composed by Stone Gossard,Eddie Vedder


"Pearl Jam"は1991年にデビューした米国のバンドですが、

メンバーはそれぞれ異なるカタチで80年中ごろから活動をしていました。


<Black-歌詞>

Hey... oooh...


Sheets of empty canvas, untouched sheets of clay

Were laid spread out before me as her body once did.

All five horizons revolved around her soul as the earth to the sun

Now the air I tasted and breathed has taken a turn

真っ白なキャンバスに 無傷の粘土板が

俺の前に広げられている

昔 彼女が俺の前にいたように

5つの平面すべてが 彼女の魂の周りを

地球を回る太陽のように回っている

俺が味わい 呼吸している空気が入れ替わってゆく


Ooh, and all I taught her was everything

Ooh, I know she gave me all that she wore

And now my bitter hands chafe beneath the clouds of what was everything.

Oh, the pictures have all been washed in black, tattooed everything...

彼女にさらけ出したものが俺のすべてだった

彼女が身につけていたものすべてを くれたこと俺はをわかってる

そして今 いまいましい俺の手がそれらすべてでできた雲の下で震える


I take a walk outside, I'm surrounded by some kids at play

I can feel their laughter, so why do I sear?

Oh, and twisted thoughts that spin round my head, I'm spinning, oh,

I'm spinning, how quick the sun can drop away

And now my bitter hands cradle broken glass of what was everything

All the pictures have all been washed in black, tattooed everything...

All the love gone bad turned my world to black

Tattooed all I see, all that I am, all I'll be... yeah...

俺は外を散歩する

そこで俺は 数人のガキに囲まれる

こどもの笑いを感じる なぜ俺はこんなに押しつぶされているんだ?

混乱した思いが俺のアタマの中を駆け巡る

太陽はなぜそんなに早く沈んじまうんだ

今俺は赤子をあやすように壊れたグラスを揺すってる。それがすべてだ。

描いた夢はすべてが真っ黒に塗りつぶされた、身体に刻まれた

愛は全部いっちまった、悲劇が俺のすべてを塗りつぶしちまった

見るもの全てが、俺のすべて、そしてこれからの未来も


Uh huh... uh huh... ooh...


I know someday you'll have a beautiful life,

I know you'll be a sun somebody else's sky,

But why, why, why can't it be, can't it be mine?

Aah... uuh..

Too doo doo too, too doo doo [many times until fade]

わかっている、誰かと君は素敵な人生を送るんだ

君は 誰か他の人の太陽となる

でも なぜ なぜなんだ?

それが俺とじゃないんだ、

Oh~


1992年MTVでのライブ演奏です。








"Pearl Jam"は"grunge rock"の有名なバンドとして知られていますが、

米国では1960年代序盤から1970年代終盤に生まれた世代を『Generation X』と呼んでおり

その世代の持つ問題点を代弁するアーティストとして

高い支持を得ています。

"Bruce Springsteen"と共通する存在感ですが、彼とはまた違う社会性を持っています。


この曲は"DV-domestic violence"で破綻したカップルの男性の嘆きの歌なのです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com