• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-550~"Edge Of Seventeen"-Stevie Nicks-1981


アルバム"Bella Donna"収録

Stevie Nicks – vocals,

Waddy Wachtel – guitar

Bob Glaub – bass guitar

Russ Kunkel – drums

Bobbye Hall – percussion

Benmont Tench – organ

Roy Bittan – piano


Lori Perry&Sharon Celani – backing vocals composed by Stevie Nicks

"Stevie Nicks"は英国のバンド"Fleetwood Mac"のボーカルとして名声を上げましたが

曲も書きその個性的な声質が何よりも武器となる

ソロ歌手として高い評価を得るアーティストです。

このアルバム"Bella Donna"はソロ1作目ですが、"Billboard"チャート1位を獲得します。


2008年シカゴでのライブです。








高校の同級生がプロになるきっかけとなったギタリスト"Lindsey Buckingham"で

"Buckingham & Nics"という"Folk rock"デュオで1973年にデビューします。

しかしそのジャンルでは後続アーティストであることは否めません。

しかしその彼らの曲を聴いた"Fleetwood Mac"側からバンドへの誘いを

うけることになるのです。

0回の閲覧0件のコメント
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com