• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-540~"Shout "-Tears for Fears-1985

最終更新: 2020年12月26日



アルバム"Songs from the Big Chair"収録

Roland Orzabal – vocals,guitar,keyboards,

bass synth,LinnDrum programming

Curt Smith – bass guitar,backing vocals,

Ian Stanley – keyboards,

composed by Roland Orzabal,Ian Stanley



アルバム"Songs from the Big Chair"は欧州、米国、カナダとワールドワイドで

大ヒットしました。

この曲ではリズムもドラムマシンで構成され、サウンドもほぼシンセサイザーで

構成されています。

ギターは生でダビングされていますが、シンセサイザーでポリリズムを構成することで

グルーブを作る手法を"Scritti Politti"とは少し異なる手法で明確に提示した楽曲です。


<shout ~tears for fears>


Shout, shout, let it all out

These are the things I can do without

Come on

I’m talking to you, come on

叫べ、叫べ、全部吐き出せ

そんなものはなくなったって大丈夫

さあ!

君に言ってるんだ、さあ!


In violent times, you shouldn’t have to sell your soul

In black and white, they really, really ought to know

Those one-track minds that took you for a working boy

Kiss them goodbye, you shouldn’t have to jump for joy

You shouldn’t have to jump for joy

たとえ厳しい時でも

君は魂を売るべきじゃないんだ

黒か白か

彼らは本当のことを知るべきなんだ

頭の固いヤツらは

君をただの労働力としか思っていない

そんなヤツらとは おさらばするんだ

楽しむために無理しなくてもいいんだ


They gave you life and in return, you gave them hell

As cold as ice, I hope we live to tell the tale

I hope we live to tell the tale

彼らは君を生かし、そのお返しに

君は彼らをひどい目に遭わせた

氷のように冷酷に

僕らは何とか生き延びて

本当のことを伝えたい


And when you’ve taken down your guard

If I could change your mind, I’d really love to break your heart

I’d really love to break your heart

そして君がガードを下げ

君の気持ちを変えるチャンスができたら

僕は喜んで君の心を打ち破ってあげるよ


2019年のライブです。

シーケンサーによるビートにバンドが

重なる演奏です。






"Tears for Fears"は1989年に3枚目の名作"The Seeds of Love"を機に

生アレンジへの比重を高めていきます。~183夜で紹介

90年代にはいるとテクノロジーの方もデジタルシーケンサーやシンセサイザーの進化で

ライブでも生のグルーブを活かしつつ表現できる時代に入ります。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com