• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-519~"Can You Feel It"-The Jacksons-1981


"The Jacksons"formaly known as

"The Jackson5"

Michael Jackson - lead Vocals

Jermaine Jackson – lead vocals,bass

Jackie Jackson – vocals,percussions

Tito Jackson – vocals,guitars,synthesizer

Marlon Jackson – vocals,percussions

Written by Michael and Jackie Jackson

Produced by the Jacksons

ポピュラー音楽史に"King of Pop"と呼ばれ名を残した"Michael Jackson"の書いた曲です。

映像は1981年発表当時のステージです。"Michael"が健康そうに見えます。


言うまでもなく兄弟と組んだ"The Jacksons"は当初はビッグレーベル"Motown Records"の

所属でMotownのプロデュースですべてが進められていました。

同じMotown所属でも"Marvin Gaye"や"Stevie Wonder"は自ら書いた曲でプロデュースも

多くの部分に決定権があったのをみて、自分たちもそうしたいと思うようになったようです。最も"Marvin Gaye"に関しては始まりがドラマーとしてMotownに所属していて、

他のアーティストに曲を提供する立場でもありましたし、"Stevie Wonder"にしても

作詞作曲部門でも契約している立場でしたので、作曲面での実績のない"The Jackson5"では

無理もなかったといえます。

意を決して彼らはレコード会社を移籍して名前を"The Jacksons"に改め、

活動を再開します。


そして"Michael"と"Jackie"で書いたこの曲は幅広い支持を得ました。

それまでも自作曲でチャート3位をとり、

売り上げもリリース毎に上がっていくという、

結果が彼らをスターダムに押し上げたと言えます。

映像は2001年"Michael"の20周年記念ライブでの兄弟との共演ですが、

すでに痛々しい姿です。

次回は"Michael"の作品を追っていきます。

2回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com