• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-518~"Go and Come Back"-Fleeting Joys-2006


アルバム"Despondent Transponder"収録

John Loring-guitars,Vocal

Rorika Loring-Vocal,bass,electronics


Matt McCord - drums

Mark Wong - guitar tech.


composed by John&Rorica Loring


"Fleeting Joys"は2006年にこのアルバム"Despondent Transponderでデビューした

米国のユニットです。メンバーはJohn&Rorica Loring夫妻で、レコーディング毎に

ドラムや他のミュージシャンを起用する方法をとっています。

現在も活動していますが、作品の発表をメジャーではなく、

"Band camp"というオンラインサイトでおこなっています。


"Band camp"は米国の非上場企業でアーティストが個別に作品の発表、試聴、

販売ができるようになっています。

今やインディーズの活動の方が聴衆の支持があれば自由にかつ大きくマネタイズできる時代であり、その状況を活かして活動しているのです。

Band camp内のFleeting Joyのページです。

https://fleetingjoys1.bandcamp.com/


音楽はすべて無料で聴くことができます。

曲単位でも、アルバム単位でも

購入することができます。


音楽だけではなく、彼らの物品も

購入可能です。


4回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com