• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-461~"Sultans of Swing"-Dire Straits-1978


アルバム"Dire Straits"収録

Mark Knopfler - vocals,guitar

John Illsley - bass,vocals,

Pick Withers - drums

David Knopfler - guitar,keyboards,vocals





"Knopfler"をはじめ、"Dire Straits"のメンバーは、昼間は昼間の仕事をして

夜に音楽活動をする生活をずっとしていました。

その頃に自分たちが演奏していた"jazz pub"で目にした風景を歌った歌です。


"Knopfler"と同じ英国の労働者・市民の生活の、ある夜の風景が

民衆のリアルな生活感を感じさせる曲に仕上がっています。


- Sultans of Swing -


You get a shiver in the dark

It's raining in the park, meantime

South of the river you stop and you hold everything

A band is blowing Dixie double four time

You feel alright when you hear that music ring


~暗いなか寒さで震えてる

公園に雨が降ってるそんななか

川の南で足をとめ じっと耳を傾けた

ディキシージャズをスイングビートで

演奏してるバンドの音だったんだ

こんな音楽を耳にするとホッとする


And now you step inside,

but you don't see too many faces

Coming in out of the rain to hear the jazz go down

Competition in other places,

a butter horn be blowing out sound

Way on downsouth,

Way on downsouth London town


店のなかに入ってみると

客は少なかった

雨のなか わざわざジャズを聴きに来るのはね

ほかの場所でもジャムはいろいろやられているが

カッコいいホーンが聴けたんだ

南に下ったところ

ここはロンドンの南の方さ


You check out Guitar George,

he knows all chords

Mind he's strictly rhythm,

he doesn't wanna make it cry or sing

Left-handed old guitar is all he can afford,

when he gets up under the lights to play his thing


ギターのジョージに注目だ

あいつはコードは全部わかってる

リズムをきっちり刻むんだ

泣かせたり歌わせたりするのは好きじゃない

左利き用の古いギターはヤツのお気に入り

ステージに立ちライトに照らされて得意のプレイを聴かせるんだ


And Harry doesn't mind,

if he doesn't make the scene

He's got a daytime job,

he's doing alright

He can play the honky tonk like anything

Saving it up for Friday night

with the Sultans,

with the Sultans of Swing


それからハリーはデビューすることなんて

気にしちゃいない

ヤツは昼間の仕事があって

うまくやってるんだよ

ヤツにはホンキートンクはお手の物さ

でも金曜の夜のために取っておくんだ

だって金曜は

"Sultans of Swing"のステージだから

Then a crowd of young boys,

they're fooling around in the corner

Jogging dressed in their best brown baggies

and their platform soles

They don't give a damn

about any trumpet playing band

It ain't what they call rock and roll

And the Sultans

Yea the Sultans played Creole ...Creole


そう、店の片隅でバカをやってる若い連中は

お気に入りの茶色いバギーパンツと厚底の靴をはいて

小突き合ってんのさ

トランペットがどんなプレイをしようがおかまいなしさ

ロックン・ロールじゃないからね

"the Sultans"は

そう"the Sultans"はジャズのはじまりの音楽

~"クレオールジャズ"を演ったんだから


Then the man steps right up to the microphone,

says at last just as time bell rings

'Goodnight, now it's time to go home'

And he makes it fast with one more thing

'We are the Sultans ...

We are the Sultans of Swing'


そして、メンバーの一人がマイクの正面に歩み出て

ベルが鳴るのに合わせ最後に言うのさ

"おやすみなさい お帰りの時間です"

そしてヤツは早口でもうひとつ言うんだ

私たちは"the Sultans"でした

私たちは"Sultans of Swing"でしたってね

----

日本では、人々が気軽に演奏できる場があたりまえに歓楽街にある

ということは"普通"ではありません。

しかし欧米文化では至極まともなことなので、

この曲は


昼間仕事に汗を流し、夜好きな音楽を演奏して楽しみ

自分らしく振舞う民衆を温かく見守る歌

と捉えられているのです。


昔米国の南部で綿花積みに汗を流した黒人労働者が

"Blues"を演奏して歌ったのと同じ空間が

ロンドンの街にある、という歌なのです。


1978年BBCでの演奏です。

Mark Knopfler - vocals,guitar

John Illsley - bass,vocals

David Knopfler - Rhythm guitar

Pick Withers - Drums




リリース時のメンバーによるライブです。


次回は再び"Randy Brecker"の参加作品に焦点をあてます。

0回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com