• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-439~"Time after time"-Cyndi Lauper-1983

最終更新: 2019年12月21日


アルバム"You're Under Arrest"収録

1986年

Miles Davis – trumpet

John Scofield – guitar

Al Foster – drums

Robert Irving III – keyboards

Darryl Jones – bass

Steve Thornton – percussion


"Darryl Jones"は音楽の街シカゴで生まれ育った根っからの音楽人です。


というのも両親がミュージシャンだったこともありますが、兄弟も近所の人も

みな音楽好きで演奏ができる、そんな土地で育ちました。


しかも"Miles Davis"の甥"Vincent Wilburn Jr.~drums"と幼馴染みでもあり、

22歳で"Miles"とレコーディングが実現する!というご縁にも恵まれていました。


Lead Vocals – Cyndi Lauper

Arranged By – Cyndi Lauper, Eric Bazilian

Bass – Eric Bazilia

Guitar – Eric Bazilian,Rick DiFonzo,

Rob Hyman - Keyboard

Written-By – Cyndi Lauper, Rob Hyman



"Time after Time"は誰もが知る名曲ですが、初出は作曲者"Cyndi Lauper"の

デビューアルバム"She's So Unusual"1983年です。


"Cyndi"は一言でいえば苦労人であり、色々な経験をして30歳でデビューしています。

その経験が女優としての成功や

積極的に社会貢献をする彼女の今の姿ににつながっています。

彼女についてはいずれピックアップします。


この曲には名演奏がいくつもあります。

2つをご紹介します。


アルバム"Tears of Joy"収録1988年

Tuck Andress - guitar

Patti Cathcart - vocal







極上の夫婦デュオ"Tuck&Patti"は1978年から

地道に活動し

"Tears of Joy"はデビューアルバムです。


他の作品も自然と聴きたくなる

そんな力をもつアーティストです。






アルバム"Traveling Miles"収録

Cassandra Wilson - vocal

Marvin Sewell - Acoustic Guitar

Kevin Breit - Bouzouki,Guitar [E-bow]

Lonnie Plaxico - Bass

Jeffrey Haynes - Percussion



個性派ジャズ歌手の"Cassandra Wilson"がレジェンド"Miles"へのオマージュを

塗りこんだアルバムが"Traveling Miles"です。1999年の作品。


0回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com