• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-436~"Wheel in the Sky"-Journey-1978

最終更新: 2019年12月21日


アルバム"Infinity"収録

Steve Perry – lead vocals

Neal Schon – electric and acoustic guitars, backing vocals

Gregg Rolie – keyboards, backing vocals

Ross Valory – bass guitar, backing vocals

Aynsley Dunbar – drums, percussion



この曲が"Journey"のポップス路線を決定づけたヒット曲です。

このアルバム制作まではドラムは"Aynsley Dunbar"でした。

制作後のライブ活動から"Steve Smith"が参加します。


"Aynsley"は脱退後60年代から活動する米国のレジェンドバンドのひとつ

"Jefferson Airplane"に加入し、その後も幅広く活躍を続けます。


1980年大阪でのライブ

ドラマーは"Steve Smith"です。







作曲は"Steve Perry"の前のヴォーカリスト"Robert Fleischman"と

" Neal Schon"です。"Steve Perry"の筆によるものではありません。


"Robert Fleischman"はメンバーとの軋轢で脱退したのではなく、

マネージメント側からの意向でした。

ポップ路線への強化を考えた時に"Steve Perry"の声質と特に

バラードへの対応力の強さが"Fleischman"を解雇することになった理由でした。


"Fleischman"はメンバー間の軋轢などはなく、

その後も作曲面で" Neal Schon"に協力して"Journey"の制作にかかわることもありました。


"Steve Smith"は80年代にはいってから、"Jazz-fusion"のフィールドでの活動も

平行しておこなうようになります。そして1985年に"Journey"を脱退し、

"Jazz-fusion"のフィールドに専念します。

以降1995年"Journey"に復帰するのですが、その間多くの名作を産み出しています。

0回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com