• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-425~" You've Got A Friend"-James Taylor-1971


アルバム"Mud Slide Slim and the Blue Horizon"収録

James Taylor – vocals,guitars

Danny Kortchmar – guitars

Leland Sklar – bass

Russ Kunkel – drums

Joni Mitchell – backing vocals

writing by Carole King


この曲は"James Taylor"の歌で"Billboard" 1位に達し、

"Taylor"は歌部門で、 "King"は作曲部門でGrammy賞を受賞しています。

多くの歌手に歌われているスタンダードと言ってよいでしょう。


-You've Got A Friend-


When you're down and troubled

And you need some loving care

And nothing, nothing is going right

~落ち込んでしまって辛いとき

少しでも思いやりが欲しいと思うとき

..何もかもうまくいかないとき


Close your eyes and think of me

And soon I will be there

To brighten up even your darkest night

~目を閉じて、私のことを思い出して

すぐにあなたのところへ行くわ

最悪なひどい夜であっても元気づけてあげる


(Chorus)

You just call out my name 

And you know wherever I am 

I'll come running to see you again 

Winter, spring, summer or fall 

All you have to do is call 

And I'll be there 

You've got a friend 

~ただ私の名前を呼べばいいの

私がどこにいたって

あなたに会いに走ってくるのはわかってるでしょう

冬でも、春、夏、秋であっても

呼びさえすればいいの

私はそこにいる

あなたには友達がいるのよ


If the sky above you 

Grows dark and full of clouds 

And that old north wind begins to blow 

貴方の周りが

不吉さを増して、たくさんの雲をため込んでも

そしてあの忌々しい北風が吹き始めても


Keep your head together

And call my name out loud

Soon you'll hear me knocking at your door

~落ち着いて

大きな声で私を呼んで、

あなたの元に私が訪れるのがわかるから


(Chorus)


Ain't it good to know that you've got a friend

When people can be so cold

They'll hurt you and desert you

And take your soul if you let them

Oh, but don't you let them

~友達がいるって素敵なこと

人はとても冷たくなって

あなたを傷つけて見捨てたり

あなたが成り行きにまかせれば、魂さえも奪う

だからそれはさせないでほしい


You just call out my name

And you know wherever I am

I'll come running to see you again

Winter, spring, summer or fall

All you have to do is call

And I'll be there

You've got a friend

~ただ私の名前を呼べばいいの

私がどこにいたって

あなたに会いに走ってくるのはわかってるでしょう

冬でも、春、夏、秋であっても

呼びさえすればいいの

私はそこにいる

あなたには友達がいるのよ


アルバム"Tapestry"収録

Carole King – piano, vocals,

David Campbell – viola

Terry King – cello ,Barry Socher – violin

Danny Kortchmar – guitars, conga,

Charles Larkey – bass

Joni Mitchell – background vocals

Barry Socher – violin

James Taylor – guitars, backing vocals

421夜の-Fire and Rain-と共通するコンセプトの曲です。

60年代は、国同士の争いに対して大衆の"連帯"が浮き彫りになった

時代でもあります。ヒッピー文化とも共有される意識です。

アルバム"LIVE"収録

Donny Hathaway – vocals, electric piano, piano, organ, arrangements

Phil Upchurch – lead guitar

Mike Howard – guitar, backing vocals

Willie Weeks – bass, backing vocals

Fred White – drums, backing vocals

Earl DeRouen – conga drums,


"Donny Hathaway"は有名な音楽誌"Rolling Stone"に"ソウルレジェンド"と称されている

レジェンドアーティストです。

聴衆の熱気が凄く感じられます。


Donny Hathaway - Vocals, Electric Piano,Organ,Arranged


Willie Weeks - Bass

Phil Upchurch - Guitar

Earl DeRouen - Congas

Fred White - Drums





ゴスペルシンガーの祖母をもち幼くして教会で歌い、

かつ大学で音楽を履修した楽理の経歴をももち、

楽曲の編曲に秀でていました。


繊細で感性が豊かで深いパフォーマンスに聴衆は熱狂しました。

その熱気を感じられる最高のライブアルバムです。

1回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com