• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-405~"Possession"-Sarah McLachlan-1993

最終更新: 2019年11月4日


アルバム"Fumbling Towards Ecstasy"収録

Sarah McLachlan – vocals,guitars,piano

Bill Dillon – guitars, guitorgan

Michel Dubeau – saxophone

David Kershaw – organ

Pierre Marchand – bass,piano,keyboards,

Programming

Jerry Marotta – drums, percussion

Brian Minato – bass

Guy Nadon – drums / Jane Scarpantoni – cello / Ashwin Sood – drums,percussion

"Paula Cole"がデビューした頃、彼女は"Sarah McLachlan"のオープニングアクトを務めていました。

"Sarah"はカナダを代表する

シンガーソングライターです。

2015年までに4000万枚以上を売り上げ

2つのgrammy賞を受賞しています。


このアルバムはエンジニアでありミュージシャンでもある

"Pierre Marchand"のプロデュースです。

素晴らしいサウンドです。






ギターの音色はBeatlesのような音からコンテンポラリーな音色まで

楽曲に合わせて丁寧に造りこんでいます。


こちらはアルバムの最後に曲間を大きくあけて収録されている『hidden track』

として収録されているピアノヴァージョンです。





1999年のライブ映像です。

こちらはライブ作品の"Mirrorball"に収録されています。






カナダ人の女性シンガーソングライターには

"Joni Mitchell","Alanis Morissette","Avril Lavigne"などがいますが、

世代のサウンドの違いはあっても世界観が近い感じもします。

カナダは米国の隣国ですが、フランスの文化が強く、

"Blues"や"Rock'n roll"は勿論土台としてあるにしても、ケルト文化的なメロディーや

アート的で斬新なアレンジなどに深みがあるのです。

0回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com