• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-402~"Sledgehammer"-Peter Gabriel -1987


アルバム"So"収録

Peter Gabriel – vocals,CMI,piano,

Prophet-5

Manu Katché – drums

Tony Levin – bass

David Rhodes – guitar

Daniel Lanois – guitar, tambourine



Wayne Jackson – trumpet,Mark Rivera – tenor saxophone,Don Mikkelsen – trombone

P. P. Arnold ,Coral Gordon ,Dee Lewis – backing vocals

アルバム"So"から最初にシングルカットされたこの曲は"Peter"のソウルミュージックへの

オマージュです。

『3歳頃だと思うけど、ソウルミュージックに合わせて遊んでいたんだ。またこれらのソウルミュージックが自分がミュージシャンになったきっかけなんだと思う。』

とPeterは語っていて、特に"Otis Redding"が大好きだったようです。

その"Otis"と演奏を共にしてきた"Wayne Jackson"がこの曲では起用されていて

『もうほとんど子供の頃のファンそのままさ、とっても興奮した!!』

とインタビューに答えています。


Peter Gabriel: Vocals, Keyboards

Tony Levin: Bass

David Rhodes: Guitars

David Sancious: Keyboards

Manu Katché: Drums

Jennie Abrahamson,Linnea Olsson: Background Vocals


2012から2014年まで続いたツアーでの演奏です。

60歳を超えた"Peter"と同じ世代の"Tony","David"らが純度の高い演奏を聴かせてくれます。


Peter Gabriel – lead vocals,

Paula Cole – additional vocals

Shankar – violins, additional vocals

David Rhodes – guitar,

Jean-Claude Naimro – keyboards,

Tony Levin – bass, Chapman Stick,

Manu Katché – drums


こちらは"Peter"のソロとしてのライブとして完成度の高いツアーだった

"Secret World Live"-1993年のライブ演奏です。

ここでコーラスを担当して"Peter"と向かい合って歌う"Paula Cole"は

米国のアーティストでこのツアーに参加したことが世界的な評価につながった

シンガーソングライターです。

ここではシックなドレスに身を包み、貞淑な英国女性のように見えますが

その作品はアート的で強いメッセージをもつ質の高いアーティストです。

3回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com