• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-395~"Squonk"-Genesis-1976


アルバム"A Trick of the Tail"収録

Mike Rutherford – bass, bass pedals

Tony Banks – keyboards, synthesizers,

Phil Collins – drums,vocals

Steve Hackett – guitars,





"Peter Gabriel"脱退後の1枚目"A Trick of the Tail"はアンサンブルによる楽曲の構成美が磨きを増した名盤です。この曲も長くライブで演奏され続けました。


1977年のライブです。


Mike Rutherford – bass, bass pedals

Tony Banks – keyboards, synthesizers,

Phil Collins – drums,vocals

Steve Hackett – guitars,

Chester Thompson - drums


ライブアルバム"Seconds Out"収録とは別テイクの同時期の演奏です。

高い演奏力が感じられます。


"Peter"の脱退後ボーカルをドラムの”Phil"が担当することになったため、

ドラムのサポートにライブのみ"Chester Thompson"が演奏に加わることになりました。

"Chester"は多くの腕利きドラマーを輩出した"Frank Zappa"のグループで経験を積んだ後

"Weather Report"に参加するなど技巧派として当時認められていました。

4回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com