• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-379~"Upon Tomorrow"-Tempest-1973



アルバム"Tempest"収録

Paul Williams: vocals, acoustic guitar, keyboards

Allan Holdsworth: guitars, vocals, violin

Mark Clarke: bass, keyboards

Jon Hiseman: drums, percussion



"Tempest"は1973~74年活動した英国のプログレバンドです。ドラムの"Hiseman"とベースの"Clarke"が中心となって結成し、このアルバムでは名ギタリスト"Allan Holdsworth"が参加しています。"Hiseman"は"Colosseum","ColosseumⅡ"のリーダーとして"Jazz-rock"の分野のアーティストと思われることが多いですが、"Tempest"ではボーカルラインがしっかりと組まれた曲が多いので"progressive rock"と分類されています。


この曲はヴァイオリンがきれいなメロディーを奏でているのが印象的ですが、

"Holdsworth"が演奏しているのが驚きです。

ベースの"Mark Clarke"は歌うベースマンとして現在に至るまで、Jazz-rock,Hard rock,pop rock,と多彩なバンドで活動しています。その中で彼の作曲で"grammy"にチャートインした曲があります。次はその曲を取り上げます。

2回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com