• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-346~"Classic funke"-Jack McDuff-1970



アルバム"Who knows what tomorrow's gonna bring"収録

Brother Jack McDuff - organ

Randy Brecker, Olu Dara - trumpet

Dick Griffin, John Pierson - trombone

Paul Griffin - piano,Joe Beck - guitar

Tony Levin - bass,


Donald McDonald - drums,Mike Mainieri - percussion,Ray Draper - vocals, tuba, arranger


"Brother Jack McDuff"は60年代から活躍する”funky-Jazz”を代表するアーティストです。

バロック音楽のような導入部ですが、後半は泥臭いファンクの洪水のようなインタープレイが繰り広げられます。

"Jack McDuff"のバンドを経て有名になったミュージシャンも多く、特にギタリストは

"John Hart","Pat Martino","George Benson"などが彼のコンボを通ってビッグになっています。なかでも"Benson"は彼の全面的サポートを受けて1964年に初リーダー作

"The New Boss Guitar"を発表しています。






5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

名曲千夜一夜物語-348~"Dit Da Dit"-Jack McDuff-1976

アルバム"Sophisticated Funk"収録 Bass – Frank Prescod Congas – Craig Derry Drums – Scott Schoer Guitar – Robert Banks, Walter Morris Saxophone, Flute – Joe Farrell "Chick Corea"と"Return to Forever"でも共演している"