• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-345~"Watermelon Man"-Herbie Hancock-1962



アルバム"Takin' Off"収録

Herbie Hancock – piano

Freddie Hubbard – trumpet

Dexter Gordon – tenor saxophone

Butch Warren – double bass

Billy Higgins – drums



この曲は"Hancock"が初めて人々に受け入れられることを意識して書いた曲だと言われています。出来上がった時点では本人にもその確信はなかったようですが、結果として

ポップチャートの上位にはいる結果となり、彼の代表曲のひとつとなりました。


1973年"Head Hunters"収録された

ヴァージョンです。

Herbie Hancock – Piano,synthesizers,

Bennie Maupin – saxophones,

Paul Jackson – bass guitar,

Harvey Mason – drums

Bill Summers – Percussions


『7人のアフリカの打楽器奏者はそれぞれ別のフレーズを演奏してアンサンブルをつくる

ことをするんだ。同じようにそれぞれのパートが別のリズムを奏でることで

"James Brown"のようなファンクをつくれると思ったのさ。』

と"Hancock"は語っています。



1999年 "Poncho Sanchez"の演奏です。








"Poncho Sanchez"は"Latin-Jazz"のアーティストです。メキシコ系米国人であり、小さいころから"Afro-Cuban","bebop jazz"を好んで聴き、ギターを皮切りにドラム、フルートなど楽器を独学で演奏をはじめました。高校生の頃にはコンガが自分に最適だと悟ったようです。

"Latin-Jazz"の名演、名盤に多くかかわっているアーティストです。

お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com