• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-338~"The Salmon Song"-Steve Hillage-1975



アルバム"Live at Rockpalast"収録

Steve Hillage / Guitar, vocals

Miquette Giraudy / Synthesizer,

Clive Bunker / Drums

Colin Bass / Bass,vocals

Christian Boule / guitars

Phil Hodge / Keyboards

Basil Brooks / Synthesizer,flute


"Jethro Tull"の創設メンバー"Clive Bunker"がドラムを演奏しています。

"Progressive rock"のひとつの流れ"カンタベリー派"の重要なメンバーであるのが

"Steve Hillage"です。


"Steve Hillage"のソロデビューアルバム

"Fish Rising"の4曲目にこの曲は収録されています。1975年発表

Steve Hillage – vocals, guitar

Miquette Giraudy – keyboards,

Mike Howlett – bass

Pierre Moerlen – drums, Percussions


Tim Blake – synthesizers, tamboura / Didier Malherbe – sax, flute /

Lindsay Cooper – bassoon / Dave Stewart – organ, piano

カンタベリー派は"Jazz-rock"であり、"Progressive rock"でもあります。

イギリスの一地域"Canterbury"から活動をはじめたミュージシャンたちを指しますが、

そのはじまりのアーティストは、"The Wilde Flowers"というグループです。

バンドとしてオフィシャルなアルバムは発表されていませんが、録音された曲を集めた

アーカイブのような作品集は手に入ります。


そして"Canterbury-rock"のサウンドは英国人に限らず欧州出身のミュージシャンにも

広がりをみせ、"The Canterbury scene"と呼ぶべきサウンドの多様性をみせはじめます。

いわば多国籍ユニット、というかグローバルなありかたでできたグループが

"Gong"というグループで、"Steve Hillage"も参加しています。

お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com