• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-330~"She Moves Through The Fair"-Fairport Convention-1969


アルバム"What We Did on Our Holidays"

収録。

Sandy Denny – vocals,guitars,keyboards

Iain Matthews – vocals, congas

Richard Thompson – guitars,Keyboards

Ashley Hutchings – bass,

Simon Nicol – guitars,autoharp,dulcimer,

Martin Lamble – drums,percussion,violin,



"Fairport Convention"は英国のバンドです。この曲はアイリッシュ民謡です。

67年結成時は米国の"Bob Dylan","Joni Mitchell"らの活動に共感し,

英国の"Jefferson Airplane"と呼ばれることもありましたが、民謡、古謡を素材にして

ロックバンド編成による解釈で制作したことが大きな評価につながりました。


この歌詞ですが、実はとても怖い話なのです。

My young love said to me

"My mother won't mind

And my father won't slight you

For your lack of kind"


And she laid her hand on me

And this she did say

"Oh, it will not be long, love

Till our wedding day"


And she went away from me

And moved through the fair

And fondly I watched her

Move here and move there


And then she went onward

Just one star awake

Like the swan in the evening

Moves over the lake


Last night she came to me

My dead love came in

So softly she came

That her feet made no din


And she laid her hand on me

And this she did say

"Oh, it will not be long, love

Till our wedding day"


意訳します。


”貴方がお金がない人だからって、母も父も気にしないわ”

と僕の恋人は言った。

僕の肩に手を置いて”結婚式までもうすぐね”と彼女は言う。


そして彼女は市場をあちこち歩き回ったんだ。

さも、湖面の白鳥が夕暮れに飛び立つように

瞬く星に向かって行ってしまった。


昨日の夜彼女がやってきた。

足音も立てずに僕のところに来て僕に触れ、言ったんだ。

"もうすぐよ、結婚式はすぐだから、あなた"


真相は、恋人は貧しい彼との結婚を実は両親に反対されていた。

結婚の夢を抱えて賑わう市場にでかけたことが、

かえって彼女の心を落ち込ませ、彼女は命をたってしまった。

そして彼女は彼の元を霊となって訪れる。

そして生前口癖となっていた結婚への言葉を繰り返す。


怖いです。


"Wayne Shorter"が演奏しています。

アルバム"Alegría"収録-2003年


Wayne Shorter – saxophones

Danilo Perez – piano

John Patitucci – bass

Brian Blade – drums




お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com