• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-325~"Root Down"-Jimmy Smith-1972

最終更新: 2019年5月1日


アルバム" Root Down: Jimmy Smith Live!"収録

Jimmy Smith - Hammond B3 organ

Paul Humphrey - drums

Wilton Felder - bass guitar

Buck Clarke - congas, percussion

Arthur Adams - guitar

Steve Williams - harmonica



"Jimmy Smith"は50年代から活躍するJazzオルガンプレイヤーです。"Jazz"と"soul music"を組み合わせた作品を60年代から発表しています。


Hip-hopユニット"The Beastie Boys"の

同名の作品。

アルバム"Ill Communication"1994年収録

"Mike D" (vocals, drums),

"MCA" (vocals, bass),

"Ad-Rock" Horovitz (vocals, guitar)





パンクバンドで1979年から活動を始めましたが"Hip-hop"に開眼、1985年に現在の名前で

"Hip-hop","rap-rock"のサウンドで作品を発表します。

5000万枚以上の売り上げでラップ界を牽引してきたユニットです。


ラップとロックのコラボであれば "Rage Against the Machine"が思い浮かびますが、

"Rage"はサウンド面では "Alternative Rock"です。

"The Beastie Boys"は積極的にロックから素材をとりますが、Jazz-funk,Acid Jazz系のグルーブを軸としたサウンドで大きな評価を得ています。

1回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com