• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-324~"Hot Water"-Level 42-1983


アルバム"True Colours"収録

Mark King – vocals, bass, percussion

Mike Lindup – vocals, keyboards

Boon Gould – guitars

Phil Gould – drums, percussion





"Level 42"は英国の"Jazz-funk"バンドです。"Jazz-funk"という言葉は今となってはヴォーカル曲で"Soul,R&B"のような旋律を"funk"系のビートでのせて、ジャージーなテンション系の和声で色付けするものを指します。Jazz史やポップカルチャーを絡めるともっと詳細な説明が必要でしょうが、"Level 42"は英国のクラブで盛り上がってきた"Jazz-funk"の名前で世に出た最初の世代のバンドです。

1979年結成され、"Hot Water"は彼らの代表曲と言えます。

私は84年にカナダで彼らのライブを観ましたが、その時もオープニングにTV人形劇

"サンダーバード"の番組のオープニングを真似て演出がされていました。


"Mark King"のスラップ奏法の凄さが際立つ演奏ですが、ドラムの"Phil Gould"の演奏も見事です。

1992年のライブです。

Mark King – vocals, bass

Mike Lindup – vocals,keyboards

Gary Husband – drums,

Dominic Miller – guitar

Gary Barnacle – saxophone

John Thirkell – trumpet



"Gary Husband"のドラミングが見事です。"David Garibaldi"のドラミングに通じる正確な

ルーディメントを駆使した素晴らしいドラミングです。

1回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com