• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-320~"Bitches Brew"-Miles Davis-1970


アルバム"Bitches Brew"収録

Miles Davis – trumpet

Wayne Shorter – soprano saxophone

Bennie Maupin – bass clarinet

Joe Zawinul – electric piano – Left

Chick Corea – electric piano – Right

John McLaughlin – electric guitar

Dave Holland – bass

Harvey Brooks – electric bass

Lenny White – drums – Left,Jack DeJohnette – drums – Right/

Don Alias – congas/Juma Santos – shaker, congas


Grammy賞の総合ランキングで唯一40位内にはいった"Miles"の作品。ということはマーケットの評価が高い作品であることはまぎれもない事実。


でもJazzファンや"Miles"愛好者でこのアルバムをベストに上げる人は少ないかも

しれません。

私個人としては、すべての音楽の中で最も好きな数枚の中にはいる作品です。

発表直後のライブです。


Miles Davis - trumpet

Gary Bartz - soprano and alto sax

Chick Corea - electric piano

Keith Jarrett - organ, electric piano

Dave Holland - electric and acoustic bass

Jack DeJohnette - drums

Airto Moriera - percussion


この演奏をみると、メンバーが"Bitches Brew"を制作した"Miles"の意図を理解していない

ように思えます。と同時に、"Bitches Brew"がスタジオで録音物として完成された作品であることがわかります。


特にこの演奏では"DeJohnette"の演奏がちぐはぐなので楽曲として成立していません。

この頃の"DeJohnette"は""Miles"の意図を掴み切れていないように見えます。


当時"Miles"は "Sly & The Family Stone"にインスピレーションを得ていたようなのですが、

次のアルバム"Jack Johnson"でMichael Henderson(Bs),Billy Cobham(Ds)を加えたのも

うなずけます。

とはいっても、Mode Jazzの構築に不可欠な旋律的なドラムは"DeJohnette"の得意とするところです。


"Progressive Rock"のように録音作品をライブで再現するのではJazzにはならないので、

完成度の高い"Bitches Brew"が録音物として残ったことは、"Miles"にも実は苦しいところだったのではないでしょうか。

あの完成度をいかにしてライブで毎回クリエイトするか。

"Miles"の旅はまだ続いていくのです。

お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com