• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-315~"The Way You Look Tonight"-Johnny Griffin-1957


アルバム"A Blowin' Session"収録

Lee Morgan - Trumpet

Johnny Griffin, Hank Mobley, John Coltrane -

-Tenor Saxophones

Wynton Kelly - Piano

Paul Chambers - Bass

Art Blakey - Drums






もう一人、欧州で活躍した最初の世代のジャズマンが"Johnny Griffin(Sax)"です。


これは有名レーベル"Blue Note"から1957年にリリースされた名盤"A Blowin' Session"の演奏です。

こののち"Miles Davis"と名盤"Kind of Blue"を制作した"Coltrane","Kelly","Chambers"とすでに中堅どころであった"Blakey"が集って

"bebop-Jazz"の名盤を残しました。








"The Way You Look Tonight"は1936年にアカデミー賞の最優秀オリジナル曲を受賞した

映画"Swing Time"に書かれたヒット曲です。

作曲は劇作曲家"Jerome Kern"で、同じくスタンダード曲となった"Smoke Gets in Your Eyes","All the Things You Are"も彼の作品です。1905年からプロとして"Broadway"の歴史に大きな影響を与えた米国を代表する作曲家の一人です。


ピアノ2台によるめずらしいバージョンです。


アルバム"The Ivory Hunters"収録。

Bill Evans -- Piano

Bob Brookmeyer -- Piano

Percy Heath -- Bass

Connie Kay -- Drums




"Bob Brookmeyer"は"Bill Evans"ほど日本では有名ではありませんが、50sから活躍した実績あるミュージシャンです。楽器はトロンボーンとピアノを演奏しますがトロンボーンがメイン楽器です。

40sから作曲で賞を受賞しGrammy賞も数度受賞するなど作曲家としても長いキャリアをもちます。

教育者として活発な活動をしていて、オランダで学校を設立、米国でも複数の機関で教育に従事しました。欧州のジャズシーンにおいて価値ある足跡を残しています。

"Keith Jarrett"のヴァージョンです。


Keith Jarrett – piano

Jack DeJohnette – drums

Gary Peacock – double bass






"Keith Jarrett"はECM-"Edition of Contemporary Music"レーベルの契約アーティストです。

"ECM"は1969年にドイツではじめられたレコード会社で『沈黙と並ぶ最も美しい音』をポリシーとして高品位の音楽を制作しているヨーロッパを代表するレーベルです。

お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com